脂質の代謝のシステムについて

ダイエットを行ううえでは、脂質の代謝のシステムを知っておく必要があります。ゼロキャロの効果と私の口コミ!痩せるか痩せないか徹底検証!

食品が含有する脂質の中で、リン脂質とコレステロールは、ダイレクトに小腸から吸収されます。

中性脂肪は、十二指腸から出る胆汁酸で乳化され、膵臓から出る「リパーゼ」という消化酵素により、脂肪酸とグリセロールに分解されます。

脂肪酸とグリセロールは、小腸の中で中性脂肪にまた戻り、コレステロールやたんぱく質などと一緒に「カイロミクロン」という水溶性のリポたんぱく質に変わり、肝臓まで運搬されます。

そして、肝臓で「VLDL」というリポたんぱく質に変えられ、その中の中性脂肪が脂肪細胞に溜まることになります。

VLDLから中性脂肪がなくなると、「LDL」という低比重リポたんぱくに変化します。

高比重リポたんぱくである「HDL」は、別に肝臓で生成されます。

LDLには、体中にコレステロールを運搬するという働きがあり、これが増加すると動脈硬化のリスクが高くなるので、悪玉コレステロールとも呼ばれています。

HDLはコレステロールの割合が低く、体中の不要となったコレステロールを収集して肝臓まで運搬していくことから、善玉コレステロールと呼ばれています。