気規則正しい生活とモチベーションを保ち続けるダイエット

学生の頃は、163センチで60キロオーバーでした。

学校のBMI測定では普通と診断されていたけれど、

同級生の他の女の子と比べるとぽっちゃりしていて、

家族にも「太り過ぎだ」と言われていました。人気の着圧レギンス・タイツを徹底比較!おすすめ順にランキングで紹介!

コンプレックスはありましたが、お腹が空けば忘れ、

空腹に任せて暴食し、また罪悪感を抱えるという、悪循環ができていました。

それに加えて昼夜逆転の不規則な生活を送っていたため、体重だけでなく、

肌もダメージを受け、見た目に対するコンプレックスは深まっていきました。

私が変わったきっかけは社会人になったことでした。

社会人になると、それまで昼夜逆転だった生活は規則正しくなり、

自然と徐々に痩せていきました。

また、弱っていた肌のコンディションもよくなっていきました。

私が思うダイエットをする上で大切なことの1点目は、

「規則正しい生活をすること」。

これを続けていれば、特別なことをしなくても、

自然と体は健康的に痩せていきます。

規則正しい生活を送ることで徐々に痩せていった私は、

精神的にも健康になり、自分の見た目に前ほどのコンプレックスを持たなくなりました。

また、空いている時間や気分転換にスクワットや膝をついて行う腕立て伏せなどを行い、

無理しない範囲で適度な筋力をつけていきました。

私が思うダイエットをする上で大切なことの2点目は、

「適度なモチベーションを保ち続けること」。

「やらなければいけない」と思い込まず、

「今日はここまでやれればいいや」ぐらいに思いながらやるといいでしょう。

日によって体のコンディションが変われば、気持ちも変わるので、

無理しすぎず、自分の状態に合ったダイエット方法を取り入れていくと良いと思います。