私の楽しくできるダイエット法を見つけるまで

私の体質は、摂取した分だけ身に付く太りやすい体質です。

小学生や中学生の時は部活でバドミントンやバレーボールをしていたお陰もあって太るということは無縁でした。ですが、高校生になって部活は入らず体を動かすのは体育の時間だけになり、その時から自分の体にコンプレックスを感じました。周りの友達よりも脚が太くお腹も出ていることに恥ずかしく思いダイエットを始めました。

ユーグレナから生まれた麹酵素は効果なしで効かない?口コミ評価を暴露!

まずは食生活から見直しました。当時流行っていたのがキャベツダイエットでした。高校のお昼ご飯はお弁当を持参していたので、通常のお弁当の量を少なくし、その分千切りのキャベツだけが入っているタッパーを用意しました。もともと食欲が旺盛な方なのでそれだけじゃ足りず、結局食べてしまっていました。そして次に考えたのが、やはり痩せるには運動をするしかないと思いました。ビリーズブートキャンプのDVD、ヨガのDVDを2本、カーヴィーダンスのDVDを毎日夕食を食べる前と食べた後に分けて行っていました。

お風呂では半身浴をし、お風呂から出た後はコロコロでセルライトを潰してを徹底的に行いました。ですが、これだけのものをやっていたら結局ストレスが溜まりある日を境に全てを辞めてしまいました。

それから私は塵も積もれば山になるの発想で小さいことを毎日日課にしていこうと考えました。自分の生活スタイルに合ったルールを作れば自然と身につき苦しい、辛いという思いをせずに変わっていけると思ったからです。

そして今までずっと気にしていた体重を計るのをやめ、見た目に重視しました。

食べたいものは食べる、でも腹8分目までに抑えてみるとか、この一口をまた明日に持ち越すとかちょっとした事に意識を向けました。日常生活では階段を使う。歩ける距離なら電車は使わない。筋トレはスクワットを30回を2日に1回だけとか腹筋はお気に入りの曲1曲分頑張ってみる等、小さなルールを作ってからは引き締まった体型に変わっていきました。

今では、ダイエットで一番大事なのは無理なくストレスなく楽しくやる事だと思います。